種類で施術が変わる

笑顔の女性

一言で二重といっても、その種類は様々あります。
末広型や平行型、奥二重などです。
どの形を望むかによって、美容整形の種類も変えなければなりません。
それぞれの種類に適した施術があるのです。

末広型は目頭の二重が狭く、目尻に向かっていくに連れ広がっていくタイプのことを指します。
この形は、ナチュラルで柔和な雰囲気を与えることができます。
施術としては、部分切開が適しています。
目尻の一部を切開することによって、きれいな末広型にすることができます。
埋没法でも末広型の二重を作ることはできますが、高度の技術が必要となるため、口コミなどで評判の美容外科を選びましょう。

平行型は目のラインと二重が平行になっているタイプのことを指します。
二重幅を狭めると上品できれいな印象を、広めるとハッキリとして華やかな印象をあたえられるようになります。
どちらを選ぶかによって、施術方法は変わります。
狭い二重幅の平行型の場合、埋没法が適しています。
バランス良くまぶたを留めていくことで、自然な形を手に入れられるのです。
逆に、広い二重幅の平行型の場合、全切開が適しています。
しっかりとバランスを見ながら切開して、強い眼力を手に入れることができます。

美容外科によって、埋没法や部分切開、全切開など、どの施術を得意としているかは違います。
このようなときにも、口コミが判断材料となります。